HOME記事カテゴリ > 相手に決めてもらう場合は2択にする

相手に決めてもらう場合は2択にする

「相手に決めてもらう場合」というのは、何を決めてもらうことをさすのか。

それは、デート中などにある行き先などのことです。

どうしても連れて行きたい場所が数箇所あり、自分で決めるよりも相手が行きたいほうを選びたいという場合には、最高でも2箇所に限定しましょう。

3,4箇所候補を出して聞くよりも「ここと、あそこどっちが良い?」と2箇所に限らせることで、相手も選びやすくなります。

また、相手が女性の場合は2箇所以上にすると必要以上に悩んでしまう傾向があるのであえてこの数にしているのです。

女性というのは種類が多かったりすると悩みやすいものなので、相手に選ばせる場合は2択にしていきましょう。

デート場所などは自分で決めるから大丈夫と思っている人は、もし大して食事場所などを決めていない場合、そういった食事場所を選ばせてあげると良いかもしれません。

相手がまだ何が好きなのかが分からない状態の時は、「和食と洋食どっちがいい?」などとすると、失敗する事はないでしょう。

上手い選択肢をつくれれば、相手への配慮も出来ますし、一緒に居て居心地の悪いということが極端に減ると思います。

相手に連れまわされるわけでもなく、ただどうしようと悩むのでもない、ちゃんとしたデートが行えるはずです。

そんなの当たり前だろうと思う人もいるかもしれませんが、案外これは出来ているようで、出来ていない人が多かったりするものです。

喜んでもらおうとする反面、下手に選択肢を出しすぎて相手を悩ませてしまったり、自分のお勧め場所ばかりに向かうことになってしまい相手を連れまわすことになってしまったり。

食事も、お店に入ってから相手が苦手だったものが多いお店などに入ってしまうと大変です。

相手に選ばせながら、何が好きなのかを判断していきましょう。


合コン成功者になるは、関連の情報収集にお役立てください。

免責事項

当サイトへの情報の掲載に関しては、万全を期しておりますが、正確性、最新性、有用性等その他一切の事項についていかなる保証をするものではありません。

当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被ったいかなる損害についても、管理者および管理者に情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。